検索
  • hozon-katsuyou

状態を知るということ

暑い日が続いています。

マスクの中が汗だらけです。

短時間だとしても、ジッとしていても汗が大滝詠一(ごめんなさい)なので、

個人的には大汗をかいたら「デトックスになるわ」なんて開きなおっています。


弊社は大分県臼杵市にある国宝臼杵磨崖仏で環境調査を行っています。


回収したばかりのデータをまとめてくれたものをチェックしていると、これまでに見たことの無い数値が出ました。


史跡内で初の40度超え!(注:覆屋の外です)


でもご安心ください、仏様のいる覆屋の中は気温上昇が抑えられています。

直射日光が当たらず石に対する負担もありません。


この暑さの中、屋外で作業している方々を見かけると、「日影があるとだいぶん違うのにな」とおもいます。


磨崖仏もおなじで、覆屋があるのと無いのとでは日射による負担がかなり軽減されます。


今回は一例ですが、環境調査をすることでリスクを見つけ、対策をすれば文化財に負担をかけず、より良い状態で保存できる良い例かと思って書いてみました。

数値で見てみると分かりやすいですし、比較ができるのもいいです。


人間でも健康診断結果の数値は如実に私達の状態を見える化してますよね。

私はまだ健康診断行けてないので、自分の病気リスクと向き合ってないですが。


皆さんも十分睡眠をとって栄養をとって夏を乗り切りましょう!













17回の閲覧

株式会社 文化財保存活用研究所
The Institute Conservation and Use of Cultural Heritage,Oita

≪本社≫
〒870-0164  大分県大分市明野西1-26-4-405

Main Office
1-26-4-405,Akenonishi,Oita-shi,Oita-ken 870-0164 Japan

✉hozon-katsuyou@kdr.biglobe.ne.jp

▶プライバシーポリシー

  • Facebook Social Icon

≪工房≫

〒870-1163  大分県大分市廻栖野549-18

≪Research Institutes≫

549-18,Megusuno,Oita-shi,Oita-ken
870-1163 Japan

TEL:097-556-7337 FAX:097-594-0073

copyright©2013 The Institute Conservation and Use of Cultural Heritage,Oita all rights reserved.